08.こんにゃく芋の歴史知っていますか
おふくろの味田舎こんにゃく作り

  • 食と農
大人 1,000円
こんにゃく芋は、6世紀半ば朝鮮半島を経由して日本に伝えられ、当時は、腹の中の砂払に効果があると信じられ、胃腸の調子が悪い貴族が薬として食べていたようです。今、肥満対策としてエアロビクスがブームを呼んでいますが、肥満はカロリーの取りすぎが原因です。カロリーが少なく繊維質の多いこんにゃくは、太らない食品として注目を集めています。栄養バランスを考えたダイエット料理の素材となる「こんにゃく作り」に挑戦してみませんか。

プログラム主催者

(農事組合法人) 小坂みかん共同農園
水口まさ子
田舎こんにゃく作りは義父が小坂みかん園で始めました。義父が引退後、二代目として頑張っています。
ご確認事項・持ち物等
開催日:10/7(日)

開催時間:10:00~12:00

開催場所:(農事組合法人)小坂みかん共同農園
伊豆の国市小坂1236 駐車場100 台

参加料金:1,000円

定員:10 名(最少催行人数4 名)

対象:小学生以下の場合は保護者同伴

持ち物/ゴム手袋、エプロン
服装/作業のできる服装
キャンセル料:なし(キャンセルの場合は事前に連絡すること)
申込締切:2 日前まで
開催場所 (農事組合法人) 小坂みかん共同農園
伊豆の国市小坂1236 駐車場100 台
開催スケジュール・空き状況
ご予約の締切:開催日2日前まで
このプログラムは電話のみの受付となっております。
空き状況の確認、参加申込される方は下記電話番号までお申込みください。
TEL:055‐948-2221
あなたにオススメのプログラム